健軍自衛隊通りの観閲行進

西部方面隊創隊58周年記念式典

晴天下での記念式典

10月とはいえ真夏日

西部方面隊創隊58周年を祝う記念式典が、健軍駐屯地で行なわれ、九州各地から来賓や一般市民が駆けつけた。
行事は健軍駐屯地グランドでの記念式典と健軍自衛隊通りでの観閲行進に分かれて実施された。
音楽隊はいちばん最初に式場に入場し、観閲式典参加部隊を誘導した。
式典では西部方面総監・番匠幸一郎陸将、防衛政務官・木原稔衆議院議員の祝辞、九州沖縄防衛協会連絡協議会会長・蒲島郁夫熊本県知事が部隊を巡閲したあと、番匠総監の式辞、木原防衛政務官、蒲島熊本県知事の祝辞があった。
式典終了後、観閲行進のために移動し、午前11時から健軍自衛隊通りでパレードを行った。6年間途絶えていた音楽隊のパレードが復活し、久しぶりに賑やかな観閲行進となった。
音楽隊は西部方面音楽隊と第8音楽隊の集成音楽隊58名で、陸上自衛隊の公式行進曲「行進曲大空」で演奏行進し、所定の位置へ進入した。その後音楽が「君が代行進曲」に切り替わって九州・沖縄の各県旗が出身県の隊員に捧持されたジープが通過。再び音楽が「祝典ギャロップ」に切り替わって車両部隊が通過した。再び今度は「行進曲が「リー将軍」に切り替わって航空機の観閲飛行と予備自衛官の車両行進があって、最後は「祝典ギャロップ」で戦車部隊が行進してオンガウ隊は退場した。
一方駐屯地内ではいろいろな催しが行われ、ジープや戦車の試乗、音楽広場での日本太鼓や音楽隊の演奏、くまモン体操など多彩な催しで賑わった。
音楽隊は混成のまま2個部隊に分かれ1個隊は祝宴会場のセレモニーに参加し、片方は音楽広場で演奏を行なった。音楽広場は、およそ40名の編成で前半夫演奏式を第8音楽隊長の蓑毛1尉の指揮で、後半を西部方面音楽隊副隊長の渡邊1尉の指揮で、オリンピック行進曲やアニメ主題歌などをバトンなどを交えて約40分間演奏した。
音楽隊入場開始式典会場に進入部隊進入開始行進曲「国民の表徴」にのって部隊の大行進集結完了観閲官に栄誉礼国旗に敬礼巡閲する観閲官・番匠幸一郎陸将部隊を巡閲する木原稔防衛政務官記念式典で式辞を述べる番匠幸一郎西部方面総監 祝辞を述べる木原稔防衛政務官 祝辞を述べる九州沖縄防衛協会連絡協議会会長・蒲島郁夫熊本県知事記念式典
6年ぶりの演奏パレードに心も弾む音楽隊発進 観閲官に敬礼観閲官に敬礼観閲台を過ぎて音楽隊は反転 定位置に入る音楽広場で演奏する前半の指揮は第8音楽隊長.蓑毛勝熊1等陸尉 オリンピックマーチで演技するバトンチーム後半の指揮は西部方面音楽隊副隊長・渡部栄司1等陸尉 観閲行進と音楽広場