島原市「災害復興25年記念コンサート」

ゲストバンドに有明中学校吹奏楽部と竹松駐屯地ホーク太鼓の皆さん

去る7月2日午後1時30分時から島原市の主催による災害復興25年記念コンサートに出演しました。
これは普賢岳噴火による被災から立ち上がった島原市の復興を記念するために開催されたもので、西部方面音楽隊が招待されされました。
島原市長のご挨拶のあと、長崎県大村市の施設部隊などが駐屯する竹松駐屯地にある竹松ホーク太鼓のオープニングで始まったこの演奏会に有明中学校吹奏楽部も特別出演し、西方音楽隊と合同で演奏しました。
第1部は渡部副隊長の指揮で5曲、そのあと有明中学校吹奏楽部と合同で2曲を演奏し、第2部は音楽隊長森3佐の指揮で7曲を演奏しました。
二部の4曲目「スマイル」のクラリネットソロを担当したのは島原市出身の下田3曹で、ご両親と郷土のみなさんの前でソロができた出来たことはご両親にとっても大変喜ばしいことだったでしょう。演奏会途中外は風を伴った凄い雨でしたが、中は活気あふれる晴れ晴れした雰囲気で盛会裡に終了しました。(宮崎会員談)


写真提供は後援会宮崎美江会員