西部方面音楽隊 隊員の快挙

大阪国際音楽コンクールで第1位入賞

金管楽器部門では初めて

 西部方面音楽隊(隊長 井田 康男3佐)に所属するチューバ奏者 森園 慶宏士長(28歳 鹿児島県出身)は、10月4日 神戸朝日ホールで行われた「第13回大阪国際音楽コンクール」で、金管楽器部門で第1位を受賞した。

 1、2次試験は世界各国(日本・フランス・オーストリア・ドイツ等)で実施され、ファイナリスト5名のなかに選ばれた。

 本選ではエリザベス・ラウム作曲「ガルダ協奏曲」を演奏してみごと第1位の栄冠を勝ち取った。

 同コンクール金管部門で第1位が出たのは初めて(過去最高は第2位)「音楽家としてだけでなく、自衛官としても一流になれるよう励んでいきたい」と抱負を語った。

morizono.JPG