唐津市で「2016年度西部方面音楽隊巡回演奏会」を開催

ゲストバンドに唐津西高等学校吹奏楽部の皆さん

去る8月28日午後2時から佐賀県唐津市で自衛隊佐賀地方協力本部主催による西部方面音楽隊の巡回演奏会を開催しました。
第1部は、この夏着任されたばかりの宍戸副隊長による指揮で開演しました。
音楽隊ファンの中では「踊る指揮者」としての異名もある宍戸副隊長ですが、さっそく2曲目の「旧友」から、そのパフォーマンスは実行されました。
軽快な足踏みと、身体を使っての指揮は、多くの観客を魅了させたことと思います。
5曲目の「日本の情景“夏”」では、「雨降り」「たなばたさま」など8曲の日本の唱歌がメドレーで演奏され、懐かしい曲に観客席からも多くの口ずさむ声が聴かれました。
6曲目の「ソング・フォー・ジャパン」では、中山2曹と川上3曹によるトロンボーンソロから始まりました。この曲は、東日本大震災の被災者の方々への応援、鎮魂曲で、美しいメロディのトロンボーンの合奏曲です。今回の熊本地震でも、音楽隊の方々自身も
被災されました。復興への思いが改めて強く感じられました。
また、この第1部では、唐津出身の吉田士長の紹介もありました。
第2部は、森隊長の指揮による、ダンスナンバーを中心とした曲目で盛り上がりました。
共演した唐津西高等学校吹奏楽部の皆さんも、力強い演奏を披露してくれました。
2曲目の「ファンダンゴ」では、邑上1曹によるトランペットソロに始まり、河﨑2曹のトランペット、また氏福1曹のサックスも加わりました。これを見てきっとトランペットの魅力に取りつかれた観客もいたことと思います。
3曲目の「恋のカーニバル」では、打楽器が大活躍でした。軽快なサンバのリズムに自然と体が動きました。
4,5曲目は唐津西高等学校吹奏楽部との共演です。
ディズニーの曲をユーロビート調にアレンジした「ユーロビート・ディズニー・メドレー」は、かつてのディスコのお立ち台を占領していた世代(会場にはいたでしょうか(笑))にっとっては、涙もんの曲でした。(これをレポートしている私も、実は非常に懐かしかったです。お立ち台には立っていませんでしたが・・・)
今回も出ました!三代目J Soul brothersの「R.Y.U.S.E.I.」
今回は高校生も一緒になっての華やかなダンスとなりました。
アンコール曲は嵐の「ふるさと」で幕を閉じました。


第1部は8月1日付で着任したばかりの副隊長 宍戸1尉の指揮司会の佐藤真紀さん旧友:出ました!踊る指揮者地元唐津市出身の隊員紹介で挨拶する吉田士長ライジング・サンで踊るローリングダンス?R.Y.U.S.I.で踊る隊員と唐津西高生唐津西高校吹奏楽部長にインタビューアンコールに応えて、嵐の「ふるさと」を歌う中山2曹(左)と平田3曹。「ふるさと」は熊本地震のために書き下ろされた小山薫堂氏の詩です。 唐津市自衛隊父兄会長から花束を受ける森音楽隊長。贈呈者は父兄会副会長さん。記念撮影に気軽に応じる森隊長
写真及び文は西部方面音楽隊後援会の宮崎美江会員