アーミーサウンズ in ましき 2013

益城町文化会館自主番組で唯一開館以来続いている長寿番組

平成2年4月に益城町文化会館が開館した際、杮落しに出演したのがきっかけで、その年の秋からシリーズ化が始まった長寿番組で、今年で24年目。

2部構成で第1部はクラシックや吹奏楽のための音楽、第2部は例年ジャズやポップスで構成されるのだが、今年は日本でアニメ放送が始まって50年ということで、第2部はアニメ特集。

この番組の凄いところは、老若男女で毎年超満員になるところ。今年は生憎の雨で出足が心配されたが杞憂に終わった。
第1部最初は、ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲からはじまった。2曲目はP.グレンジャーの「美しきドゥーン川の岸辺よ」と言う美しいメロディーの小品。3曲目はフルートの独奏でシャミナードの「コンセルティーノ」を北野3曹が熱演。4曲目は今年の吹奏楽コンクール課題曲から1曲、祝典行進曲「ライジング・サン」を演奏。たくさんの中学生が熱心に聴き入った。1部の最後はワーグナーで「エルザの大聖堂への行列」で締めくくった。
15分間の休憩を挟んで、第2部は日本が世界に誇るアニメ映画の主題歌から、50年の歴史を紐解いていった。
最初は”ガンダム”から「翔べ!ガンダム」、続いて”サザエさん”から「サザエさん・アラカルト」、明日から新作映画が公開されると言う”名探偵コナン”から「メイン・テーマ」を氏福淳2曹のアルトサックスで演奏したが、その服装がなんとコナンのド派手な蝶ネクタイにランドセル姿。これには会場が沸いた。続いて”ドラえもん”から「夢を叶えてドラえもん」をドラえもんとのび太君に扮した女性自衛官二人の2重唱で披露。
「残酷な天使のテーゼ」「ゆうき100%」「愛をとりもどせ」と続いて最後は「鉄腕アトム」で締めくくった。このあと益城町から花束が贈られ、アンコールとして「銀河鉄道999]が演奏された楽しいひとときは終わった。



自動で切り替わります。