アーミーサウンズ in ましき 2014

25年目の春がやってきた

 4月19日(土)午後2時から益城町文化会館において、「アーミーサウンズ in 益城2014」が開催された。この演奏会は平成2年4月に落成した益城町の音楽ホール・益城町文化会館の落成式の杮落しに西部方面音楽隊が出演したのがきっかけで、同年秋、文化の日に第1回のこのシリージが開始され、今年25年目に入った長寿番組で文化会館自主事業としては最古の番組である。
毎年開場1時間前には長蛇の列が出来るのだが、今年もたくさんの人たちが近隣の市町村からもやってきた。
この名物番組は、入場した人たちが最後まで誰一人帰ることなく聴いていただける、と言っても過言ではないほどの定着ぶりである。

第1部は音楽班長・入江2尉の指揮で5曲。1曲目はJ.ウィリアムズの「カウボーイ」2曲目はL.アンダーソンの「ホームストレッチ」。そういえば今年は午年だった・・・ 続いての3曲目はP.スパークの「カーニバル」 アルトサックスのソロは昨年10月に配属になったばかりの茶円陸士長。茶円士長の生まれも育ちも大阪育ち。なのに名前が清正とは、熊本に縁があったのか、司会の緒方仁深(ひとみ)さんに突っ込まれ、切り返す。さすが大阪の人。 今年の吹奏楽コンクール課題曲を隊員の中に入って演奏する、益城中学校吹奏楽部の生徒たち。一部の最後は、伊福部昭の”バンドのためのゴジラファンタジー”で締めくくった。第2部の指揮は隊長に着任したばかりの森3佐。日本の今を表現する。Ⅰ、2曲目は日本が誇るゲームとアニメの世界から、モンスター・ハンター「英雄の証」とJPOP STAGE Vol.5(アニメ・メドレー) 3曲目はに歩太鼓をフィーチャーして坂本冬美メドレー「ジャパニーズ・グラフティXVI」。勇壮さと繊細さが入り交じった日本人の心か・・・ 現在放送中の連続テレビ小説「ごちそうさん」のテーマ曲ともなった「雨のちハレルヤ」を歌う男性隊員。左は中山2曹、右は平田3曹。SMAPが歌った「JOY」を同じく男性隊員が熱唱。最後はサッカーの応援歌にもなった「サンバ・デ・アイーダ」を客席と渾然一体となって演奏。アンコールに応えて、スーザのマーチが演奏されて終わり。