純心女子高等学校音楽部の皆さんが賛助出演

2017年度最初の巡回演奏会を去る7月23日午後2時から、長崎市のブリックホールで自衛隊長崎地方協力本部の協力で開催しました。
純心女子高等学校音楽部の皆さんにも賛助出演していただき、第1部は音楽班長・平林誠2等陸尉の指揮で「サンブル・エ・ミューズ連隊行進曲」他3曲を、2部は純心女子高等学校音楽部の皆さんのコーラスとZARDの「負けないで」と被爆50年式典のために全国から募集した歌詞「千羽鶴」に純真高校の出身である大島ミチルさんが作曲し、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で、純心女子高等学校の生徒によって歌われた曲が披露されました。
休憩を挟んで第3部は隊長の伊東札記三等陸佐の指揮でNHK大河ドラマのテーマ音楽「天虎〜虎の女」他5曲を演奏しました、。
アンコールに応えて「風になりたい」とスーザのマーチ「古き名誉ある砲兵中隊」の2曲が演奏され巡回演奏会は盛会裡に終了しました。


開演前のウエルカム演奏第1部は音楽班長の平林誠2等陸尉の指揮で4曲第2部は長崎純心女子高等学校の賛助出演で2曲を演奏 第3部は音楽隊長・伊東札記三等陸佐の指揮で、最初の二曲はNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のテーマ音楽「天虎〜虎の女」と美空ひばりメドレー。 後半はアメリカ音楽を中心に「JFKプロローグ」や「ラプソディ・イン・ブルー」など4曲演奏しました。アンコールでは隊長自らが振り付けた「風になりたい」とスーサのマーチ「古き名誉ある砲兵中隊」で締めくくりました。(写真は自衛隊長崎地方協力本部撮影)